韓国で売れている炭酸水、メーカー、銘柄、今後の展望は?

炭酸水
韓国で好まれている炭酸水
スポンサーリンク

韓国の炭酸水の売上、5年で29%アップ

最近よく見かける無糖炭酸水。美容・健康などのキーワードとともに注目されているようです。

炭酸水(carbonated water、sparkling water、soda)は、韓国語で탄산수(タンサンス)です。

最近、韓国の炭酸水売り上げに関する話題がありました。5年間で30%近く上昇しているようです。韓国農水産食品流通公社が発表した資料を見てみました。

韓国内の炭酸水市場の展望

炭酸水の販売量は、2015年の1,890万ℓから、2020年の2,430万ℓへと28.6%増加しました。年平均で5.2%増えています。2025年には2,880万ℓの見込みとされています。

販売量増減増減率年平均
20151,890
20202,430540+28.6%+5.2%
2025
(予想)
2,880450+18.5%+3.5%
単位:万リットル

韓国での炭酸水ブランド占有率

1位は、チョジョン炭酸水(一和)、2位がトレビ(ロッテ七星)です。ウンジンのVICTORIAがシェアを上げて3位になっています。以下、コカ・コーラのシーグラム、ネスレのペリエと続いています。表には載せていませんが、VICTORIA以外の占有率は減少しています。

順位ブランドメーカー占有率
1チョジョン炭酸水
(초정탄산수)
イルファ
(일화)
30.9%
2トレビ
(트레비)
ロッテ七星
(롯데칠성)
29.9%
3ヴィクトリア
(빅토리아)
ウンジン
(웅진)
10.3%
4シーグラム
(씨그램)
コカ・コーラ
(코카콜라)
7.9%
5ペリエ
(페리에)
ネスレ
(네슬레)
2.1%
2020韓国炭酸水ブランド占有率
スポンサーリンク

炭酸飲料の流通比率の変化

炭酸飲料の流通は、大型マートが多いことがわかりますが、1年で大幅に減っています。コンビニエンスストアでもよく買われているようですが、ネット販売が大幅に増加してコンビニエンスストアを抜きました。新型コロナの影響でしょうか?

販売形態2019年2020年傾向
大型マート34.127.8減少
単独スーパー11.711.1微減
コンビニエンスストア22.222.5微増
ネット通販16.823.841.7%増加
炭酸飲料の流通比率の変化

さいごに

今後も、炭酸水の消費は増えそうです。試しに1本買ってみようかと思います。日本では、アサヒ飲料の「ウィルキンソン」が一番売れているみたいです。

タイトルとURLをコピーしました