韓国風焼肉、豚バラ肉を厚み2.5cmで焼いてみた

「おうちで楽しむ韓国風焼肉」も回数を重ね、だいぶ慣れてきました。

以前、厚さ5センチの豚バラ肉を焼いた様子をお伝えしました。

今回は、厚みが2.5センチの肉でサムギョプサルを作ってみました。

韓国のオーギョプサルの厚み
韓国で食べたオーギョプサルの厚み

豚バラ肉は、精肉店で購入しています。

スポンサーリンク

過去に購入した肉ブロックの大きさ

近所の精肉店では、ディスプレイされている豚バラ肉の大きさが、5×5×30cmくらいです。今までは、陳列されているサイズのまま購入していました。

スポンサーリンク

5センチ厚の肉の焼き方

5×5cmの太さの肉を焼くと、周りをしっかりと焼き上げても、内側になかなか火が通らない感じです。

肉の内側に火を通すためには、焼きながら何回かカットしなければなりませんでした。

記事:サムギョプサルを厚さ5センチで焼いたときの様子

韓国での肉の厚み

韓国で、サムギョプサルやオーギョプサルを注文すると、生肉がぐるぐると巻かれたような状態でお皿にのせられてきて、鉄板の上で広げてくれるような記憶があります。つまり、ぐるっと巻ける厚さだったと思います。

巻いていないお店の場合では、5×5cmほどの太さではなかったような感じもします。(上の写真)

レシピ動画を確認

韓国人が作成したYouTubeのレシピ動画など、いくつかのサイトでサムギョプサルやオーギョプサルの生肉の大きさを調べました。

美味しく焼くためのサイズとして、約5cmの厚さの肉であれば、約2.5cmの厚さに切ってもらい、2つのブロックを重ね合わせて倒れないようにして、まず、脂身を下にしてフライパンの面に置き、焼きこむというような情報がありました。

その動画では、約2.5cm厚でしっかりと焼けていました。

※上の写真は、網焼きですし、脂身を下にせず幅の広い面を下にして寝かせているので、今回の「おうちで韓国風焼肉」とは少し違う焼き方です。

肉の厚みを指定して購入

今回は厚みを変えてみようと思い、精肉店で、厚さを約2.5cmにしてもらえるか尋ねました。

快く応じてもらいカットしてもらいました

希望のサイズどおりに豚バラ肉を購入することができました。

2.5cm厚の豚バラ
2.5cm厚の豚バラ

肉の量

厚さ2.5×幅5×30cmの肉を4本購入しました。

今回のおうちで焼肉は5人です。5人でぴったりの量でした。副菜をたっぷりのせて、サンチュで包むので、お腹が満たされやすいのかもしれません。

別ページ:家庭菜園でサンチュを育ててみた

肉の値段

肉の値段は、4本合わせて約1,700円でした。韓国のお店ですとミッパンチャン込みで1人1,700円以上はするでしょう。サンチュや副菜で使う野菜も家庭菜園で収穫できるので、おうち焼肉はとても経済的です。

フライパンにのせた豚バラ肉
豚バラ肉、あと2本焼きます
スポンサーリンク

焼きやすさ抜群

厚さ2.5cmの焼き易さは抜群でした。

  • フライパンに少量の呼び油をひき、ニンニクを肉と一緒に焼きます。
  • 肉の脂身を下にして焦げ目がつくほど焼きこみます。
  • 残りの面を順番にしっかりと焼きこみます。
  • フライパンの形状から肉の端に火が通りづらいときは、端を切り落として個別に焼きます。
  • 周りをしっかりと焼いたら、途中で一度、레스팅(Resting:レスティング)をして内側に熱を伝えます。
  • 次に、食べるサイズにカットしていきます。カットするとまだ内側がピンクがかっています。
  • カットサイズの状態で、もう一度しっかりと焼いて完成です。

暑さ5cmのときは、カットが大変だったのですが、2.5cmの場合、ある程度火が通っていれば、サクサクと切れます。

ただ、長さ30cm×4本なので、後半は握力が低下してきます。

焦げ目のついたサムギョプサル
豚バラ肉、あと2本焼きました

肉の味

今回も、脂身の面には塩のみ、脂身以外の面には塩とこしょうで下味をつけました。今まで、下味をつけて3~40分寝かせてから焼いていましたが、下味後に時間が経つと、旨味が染み出してしまうという情報があったので、今回は下味をつけてから約5分後に焼き始めました。

塩味が脂身に染み込んでおり、脂身の部分の味がとてもおいしかったです。

肉全体としても、とても上手く焼けて味も最高でした。

別ページ:メルチョッソースを作ってみた

サムギョプサル韓国風にカット
カットして、よく焼けました

結論

厚さ5cmを焼くよりも断然良かったので、次回も2.5cmにオーダーカットしてもらい作ることにします。

タイトルとURLをコピーしました